二百二十日に大穴掘り…♪

9月10日は、二百二十日です。立春から220日目。稲が実りだすが台風もやってくる・・・農家の中で言い伝えられてきたことです。

同時に、二百二十日は、暑さが少し落ち着いて秋野菜の種まき適期。

よし、やろう

って、その前に大オジサン部隊、大穴掘り大会を始めます。

実は、見沼菜園クラブ、もともと「田地」・・・

つまり、水田として使われてきた場所です。

地面から30cmぐらい下に「硬盤」があります。

硬盤があると、水はけが悪くなります。

水を貯めるのに向いていて、水田として使うにはよいのですが、野菜栽培の場合、硬盤はない方がいい・・・

って、大オジサン部隊、秋野菜、種まきの前に、硬盤破壊に挑みます。

深さ50cmに掘り進み・・・

なんと、モグラの穴が出てきました。

掘った穴に雑草を投入、深いところまで土作りを進める作戦です。

土を埋め戻して、きれいにならし、マルチを張って・・・

さて、何の種をどこにまこうか?

え?、まさか、何も考えていなかった・・・

大オジサン部隊の楽しい菜園教室、来週も続きます。

菜園教室・体験農園「見沼菜園クラブ」

オンライン講座「気象条件と野菜の生育」

一日菜園体験ご予約カレンダー

[booking_package id=3]

Follow me!