てんとうむしプロジェクト

講座内容

6単元の連続講座です。野菜が育つにはどのような条件が必要か、野菜が育つ時季はいつか、どのような気象条件の時に、なぜ生育トラブルが発生するのか、野菜の生長を支えている土壌の性質も含めて、分かりやすく解説しています。
農業や半農生活を志望していない方でも受講出来ます。

◆講座内容

  • 1)野菜の生長パターン
  • 2)野菜の生長メカニズムと生長条件
  • 3)日本の季節の移り変わりと特徴
  • 4)作型~栽培時季の科学
  • 5)野菜の生育トラブルと気象条件
  • 6)土壌の基礎知識

◆受講料 19,800円

野菜栽培基礎講習を同時申込みの場合、総額57,800円より10%オフ (52,020円、本講座受講終了から1年以内に基礎講習を受講して下さい。)

◆受講日程&方法 オンライン講座です。 毎週水曜日、金曜日の19:00~ 受講可能なので、初回受講希望日をお知らせ下さい。
二回目以降のご希望日は、受講時に講師にご相談いただきます。

2020気象データ分析

投稿が見つかりませんでした。

気象データと野菜相場

2020、キュウリの夏高騰はあったと言えるか

東京23区内の野菜小売価格が、2020年 ...
続きを読む

2020、春高騰はなかったが夏高騰はあった玉ねぎ

東京23区内の野菜小売価格が、2020年 ...
続きを読む

レタスは「2020 4-9高騰」型の値動きと言えるのか

東京23区内の野菜小売価格が、2020年 ...
続きを読む

白菜でも認められる「2020 4-9高騰」型の値動き

東京23区内のニンジン、キャベツ小売価格 ...
続きを読む

2020年、白ネギに「4-9高騰」はあったのか、なかったのか

東京23区内のニンジン、キャベツ小売価格 ...
続きを読む

2020年9月以降、価格が下落しているニンジン

これまで4回に渡り、この間のニンジン価格 ...
続きを読む

プロジェクト概要

公的機関が持っているオープンデータは宝の山です。野菜の生長や相場を予測し、農業&食の関係者に提供する参加型企画、それが「てんとうむしプロジェクト」です。

クラウドで動くグーグル・スプレッドシートを使い、気象データの解析を進めています。現在、データを取り込めば、自動的に過去約30年間のデータと比較してグラフを自動生成する体制が整っています。会員や受講者の人を対象にシートをシェアする事を検討しています。